mikami lab.@北海道大学 科学技術コミュニケーション研究室

北海道大学で科学技術コミュニケーション・科学技術社会論を担当している三上直之のサイトです

プロフィール



三上 直之(みかみ・なおゆき)

1973年 千葉県野田市生まれ

Photo: Schuko Ohtsu

学歴
職歴
  • 1996年〜1998年 株式会社新潮社
  • 2005年〜2007年 北海道大学 科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)特任助教
  • 2007年〜2008年 同ユニット特任准教授
  • 2008年11月〜 北海道大学 高等教育機能開発総合センター 准教授
  • 2010年10月〜 北海道大学 高等教育推進機構 准教授(改組に伴う名称変更)
所属学会
主な公的社会活動
受賞歴

略歴各種

2013年7月版:『萌芽的科学技術と市民』編者紹介

北海道大学高等教育推進機構准教授.1973年生まれ.東京大学大学院新領域創成科学研究科博士後期課程修了.博士(環境学).北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)特任准教授などを経て,2008年から現職.著作に『地域環境の再生と円卓会議:東京湾三番瀬を事例として』日本評論社,2009年,『はじめよう!科学技術コミュニケーション』(共編著)ナカニシヤ出版,2007年,「コンセンサス会議」篠原一編『討議デモクラシーの挑戦』岩波書店,2012年,ほか.

2009年3月版:『地域環境の再生と円卓会議』著者紹介

北海道大学高等教育機能開発総合センター生涯学習計画研究部准教授
専門分野:社会学、科学技術コミュニケーション 1973年 千葉県野田市生まれ、1996年 東京大学文学部社会学専修課程卒業、出版社勤務を経て、東京大学大学院で環境社会学を学ぶ、2005年 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット特任助教授(2007年から特任准教授)、2007年 東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了〔博士(環境学)〕、2008年より現職
主著 『「超」読解力』(講談社+α新書、2005年)、『はじめよう!科学技術コミュニケーション』(共編著、ナカニシヤ出版、2007年)、「実用段階に入った参加型テクノロジーアセスメントの課題ーー北海道『GMコンセンサス会議』の経験から」(『科学技術コミュニケーション』1号、2007年)

2007年12月版:『はじめよう!科学技術コミュニケーション』執筆者紹介

北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット特任准教授
専門分野:環境社会学 東京大学文学部卒業、同大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了〔博士(環境学)〕。『「超」読解力』(講談社,2005年)、「実用段階に入った参加型テクノロジーアセスメントの課題ーー北海道「GMコンセンサス会議」の経験から」(『科学技術コミュニケーション』No.1, 2007年)など。

2005年11月版:『「超」読解力』略歴

1973年、千葉県に生まれる。東京大学文学部を卒業後、大手出版社に入社し、写真週刊誌の取材・編集に携わった後、東京大学大学院へ進み、同大学院環境学専攻博士課程単位取得。現在は、北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット特任助教授。東京大学大学院に在学中、高校生・大学受験生向けの予備校で「現代国語」「小論文」などの講師を務め、体系的・論理的かつ、わかりやすい授業と教材が評判となる。