mikami lab.@北海道大学 科学技術コミュニケーション研究室

北海道大学で科学技術コミュニケーション・科学技術社会論を担当している三上直之のサイトです

集中講義:科学技術と社会システム特論「日本の科学技術政策の決定プロセスとその課題」

6月21日(土)、22日(日)の二日間、朝日新聞編集委員の竹内敬二氏を講師に迎え、標記の集中講義を開講します。

原子力・エネルギー政策を対象に、科学・技術と政策決定の関係を考える授業です。講師の長年にわたる取材経験から、政策プロセスの深部に迫ります。

原子力、エネルギーの問題や、政策にまつわる諸課題を学びたい人はもちろんのこと、科学技術ジャーナリズムや科学技術コミュニケーションに関心のある人にもおすすめです。

この授業は、理学院共通科目と大学院理工系専門基礎科目を兼ねて開講します。受講希望者は、所属の研究科・学院等の履修登録期間中に履修手続きをしてください(履修登録期間を過ぎて受講を希望される方は、下記の問い合わせ先にご相談ください)。

講義題目・授業内容(リンクをクリックするとシラバスのPDFが開きます)

授業の中身についての記述は、両方とも全く同じです。ご自分が該当する方をお使いください。

担当教員

竹内敬二・朝日新聞編集委員原子力・エネルギー政策、地球温暖化問題などを長年取材。著書に『電力の社会史』(朝日新聞出版)他) 

開講日時

2014年6月21日(土)、22日(日)

  • 6月21日(土)13:00にスタートします。
  • 1日目に3コマ、2日目に4.5コマ分の授業を行う予定です。2日目の開始時刻など、詳しい時間割は1日目にお伝えします。

教室

理学部5号館2階 5-201号室

連絡・問い合わせ先

三上 直之(この授業の責任教員、理学院 科学技術コミュニケーション研究室)
E-mail([at]を@に変えてください) mikami[at]high.hokudai.ac.jp