mikami lab.@北海道大学 科学技術コミュニケーション研究室

北海道大学で科学技術コミュニケーション・科学技術社会論を担当している三上直之のサイトです

『奇跡の海』を書評(『科学』3月号)

奇跡の海―瀬戸内海・上関の生物多様性―

奇跡の海―瀬戸内海・上関の生物多様性―

雑誌『科学』の3月号で、上記の本の書評をさせていただきました。日本生態学会などの研究者が、中国電力の上関原子力発電所の建設予定地周辺において行った、海と陸の生き物についての調査研究のレポートです。

沿岸の開発と環境保全修士課程時代からのテーマですが、ここでは最近の自分自身の関心に引きつけて、「科学コミュニケーション」「科学への市民参加」という視点も導入して紹介してみました。

    • 三上直之「書評 沿岸の生物多様性を守るため、科学にできること」『科学』81(3): 274-275.