mikami lab.@北海道大学 科学技術コミュニケーション研究室

北海道大学で科学技術コミュニケーション・科学技術社会論を担当している三上直之のサイトです

CoSTEPの2011年度の募集要項が出ています

CoSTEP(コーステップ)の愛称で親しまれている、北海道大学の科学技術コミュニケーター養成プログラムの新年度(2011年度)の募集要項がウェブサイトで配布されています。
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/costep/news/article/103/

CoSTEPは、社会のさまざまな場面で、科学技術に関するコミュニケーションを支援し促進できる人材を育てるため、6年前から北海道大学が開いているコミュニケーションの学校です。修士課程レベル1年間のプログラムで、理論から実践まで、科学技術コミュニケーションの知識、スキルが体系的に学べます。

私も、このプログラムがスタートした2005年から2008年まで、プログラム専従の教員として各種の授業を担当しました。現在も学内協力教員という形で、一部の授業などを担当させていただいています。

このプログラムの魅力は挙げればきりがありませんが、ここでは、募集要項などフォーマルなところであまり触れられないことを一つ挙げたいと思います。それは、修了生の間での人的ネットワークの形成です。

このプログラムには、各分野の大学院生や、さまざまなバックグラウンドを持つ社会人の方など、多様な人たちが集まります。すでに300人を越す社会人、大学院生などがプログラムを修了していますが、修了後も活発に交流し、活躍の幅を広げている方が多いです。

ウェブサイトで紹介されている過去の修了生のメッセージを見ると、いかにバラエティに富んだ人たちが集まる場所であるかが、よく分かります。

新年度の受講生募集は、下記の日程で行われます。詳細はCoSTEPのウェブサイトをご覧ください。

  • 申込の受付:4月1日(金)〜4月20日(水)正午
  • 募集説明会:4月9日(土)13時〜(北海道大学学術交流会館小講堂にて)
  • 面接(本科のみ):4月23日(土)または4月24日(日)
  • 授業の開始:5月7日(土)13:00〜

また、3月13日(日)の午前中には、今年度の受講生による成果発表会北海道大学であります。CoSTEPの教育内容や雰囲気を知るには、よい機会だと思います。午後には、同じ会場で電子書籍をテーマとしたシンポジウムも開かれます。